アソートHICOレクション
HOME >  HICOのうち  > 愛犬にみる性格診断!

あなたは何犬?犬種別で見る性格診断!

  • 愛犬の性質を正しく理解してより良いパートナーに♪

    知ってるようでまだよく知らない。。
    私も含めそんな飼い主様も多いはず。。
    愛犬の故郷や由来、性質・性格、かかりやすい疾患や
    注意点など、正しく理解して楽しいドッグライフを。
    性格を自分に重ね合わせて楽しむ”私は何犬?”
    待ち時間や移動中にご覧ください!

全世代共通のストレスサイン
① あくびを繰り返す。② 体を舐め続ける。③ 体を掻き続ける。④ 落ち着きがなく歩き回る。


<0歳~1歳ごろ> かまいすぎると腸炎に!
母犬や兄弟犬から離され、全く別の環境で暮らすことになります。ここですでに大きなストレスを受けています。
その新しい家で、小さなお子様などが力を加減せずにかまいすぎるとさらに大きなストレスを与えてしまいます。
一方で生後数か月のうちに長時間のお留守番をさせるなど、かまわなすぎることもまたストレスになります。

では何に気を付け、どう接すれば良いのでしょうか?
胃炎(嘔吐)…突然のストレスに見舞われると自律神経が乱れ、胃の動きをコントロールできなくなります。
腸炎(下痢)…ストレスを感じると腸内細菌のバランスが乱れて悪玉菌が増え、下痢を引き起こします。
心の病…かまわれすぎない状態が続くと自分の尾を追い続けたり、噛み続けたりと一定の行動を執拗に行い続けます。

ストレスをためない工夫
①見守りつつ、かまいすぎない。人間の赤ちゃんと同様と考えるとわかりやすいかと。
自由に遊ばせ、必要に応じて手を貸しましょう。
これは成犬においても同じことが言えます。いろんな経験を積まずに成犬になると、
怖がりになったりして逆にストレスを感じやすい犬になってしまいます。
愛犬は飼い主様の表情などをよく見て感じています。神経質にならず、おおらかな気持ちで育てましょう。

経験不足で不安症に
<2歳~6歳ごろ> 運動不足だと、イライラしてたくさん食べて肥満になる犬も。
また、車に乗ることや花火の音など、それまで経験していないものを怖く感じだす時期です。
「ウチの子はこれが好き」などと飼い主様が決めすぎるのもストレスのもとです。
脱毛…前足など体の一部を舐め続けることで、皮膚を傷つけ脱毛を起こします。
不安症や胃腸障害…経験不足から、怖いものや苦手なものが明確にできてしまい
パニック状態になって物を壊したり、下痢、嘔吐を繰り返します。

ストレスをためない工夫
①パワーを発散させる。
休日にはドッグランで思いきり遊ばせたりして運動量を増やしましょう。
②いろいろな経験をさせる。
社会化するとストレスを感じにくくなります。未知のものが怖く感じている成犬でも、
保育園のような当店や、旅行など、積極的にいろいろな経験をさせると
経験値が上がって、動じにくい犬になります。
③犬は群れで生活する動物。外で飼う場合も、飼い主様が確認できる場所を選んであげましょう。

刺激不足で無気力症に
<7歳ごろ~>シニアになると関節や歯など、様々なところに痛みが出始め、ストレスを感じるようになります。
また、筋力が弱まって便秘がちになってしまうので、すぐに生理的欲求が満たせないことも苦痛です。
おでかけは大きな楽しみですから、ゆっくり歩く犬でも、ペースに合わせて連れ出してあげ、運動で筋力をつけてあげましょう。
無気力症…無感情になって動かなくなります。食べることへの執着も弱まって、とても危険です。
皮膚炎…老化による免疫力の低下とストレスが相まって、皮膚バリア機能が弱まると体をしきりに掻いたり、舐めたりします。
発病…大きなストレスにさらされて、白内障などの目の病気が急激に悪化することがあります。
シニア犬にとってストレスは万病のもとなのです。

ストレスをためない工夫
①刺激を与える。
週に1度は美味しいものを与えたり、月に1度はいつもと違うところへ
出かけたりと長短のスパンを取り混ぜて、新たな感覚を磨いてあげましょう。
②いつでもトイレ・水飲みを
便秘になりがちなシニア犬。室内いつでもトイレができるように。
また、水飲み場は1か所ではなく、複数の部屋に設けると良いでしょう。
③床材は滑らないものに
シニア期に入ると足腰が弱くなり、ふんばりもきかなくなるので今まで平気でも、もう一度再点検してあげましょう。
④しっかり食べられるように。
シニアになると歯周病になる犬が続出します。歯が痛いとご飯も食べられず、
心臓病を招いたりもします。子犬の頃から歯みがきの習慣をつけてしっかり予防しましょう。

あなたはピレ?☆家族思いで優しい

かなり昔からピレネー山地に生息していた歴史の古い犬種です。
オオカミやクマから羊の群れを守る仕事に使われ、中世には城の番犬としても活躍。
17世紀には伴侶犬としてフランス王族の人気を集め、ルイ14世もこの犬を飼っていました。
穏やかで愛情深い性質です。独立心が旺盛ですが、飼い主や家族には従順で、子どもにも寛容。家族を守る意識が強い、心強い存在です。
初めての人には☆(5段階)しつけやすさ☆☆

健康管理
激しい運動は必要ありませんが、朝夕各1時間はたっぷり歩かせます。
暑さに弱いので夏季は温度管理を徹底し、散歩も涼しい時間帯に行います。
肥満になると関節に負担がかかるため、食事の管理に気をつけましょう。
よだれが多いので口の周りをこまめにふいて清潔を保ち、耳そうじほか、トリミングはプロに。
狼爪は巻き爪にならないよう、定期的に切除しましょう。

しつけ
大型で力が強いので、基本的なしつけが不可欠です。
縄張り意識が強いので、無駄吠えをしないようにしつける必要もあります。
独立心が旺盛で、やや頑固な面があるため、しつけには時間がかかります。
気長に根気強く取組みましょう。飼い主を信用できないと、威圧的な態度に出て優位に立とうとすることもあります。
毅然とした態度でリーダーシップを発揮してください。
臆病、神経質にならないように、子犬の頃に家族以外の人や他の犬、動物に触れる機会を作り、社会性を養うことも大切です。

アクセスの詳細はこちら